日記

■2019年08月23日(金)  日韓は対立でなく対話を
韓国が日本のホワイト国除外に対して、昨日軍事情報協定破棄を通告した。対立が続き、政府サイドはお互いの愛国心で国民は振るいたたせている。そもそも原因のは慰安婦、元徴用工韓国最高裁判決で個人の日本に対する請求権を認めたことにある。安倍政権は「この協定で戦争の個人被害請求は放棄された」として、韓国は国際法違反とてしている。マスコミも韓国が訳の分からないとこを言っているとの論調ばかりであある。冷静に事実をみる必要がある。請求権協定で破棄されたのは国家間の損害で「個人の請求権」は放棄されていない。日本政府の正式な見解である。戦争被害の個人請求は国の協定で破棄されてないことは、私も担当した中国人強制訴訟で日本の最高裁も認めている。最近亡くなったテレサテンの襟裳岬を聞いている「君は2杯目だったね、コーヒーカップに角砂糖1つだったね」と控えめで対立でなく、会話をすることが大切であると知らされる。テレサも革命の闘いで亡くなったとの話しもある。アジアに平和を。それには対話である。事務所でもそうかな。

■2019年08月01日(木)  最上小国川穴あきダム住民訴訟敗訴
アユの清流として全国的にも人気もある、最上小国川穴あきダムの公金支出差し止めをもとめた判決が7月30日あった。敗訴した。完成近いダムの差し止めが認められないと思いつつ、判決があまりに非科学的であきれた。2回も判決期日を変更したのに唖然とした。例えば感心の高い、ダムによって濁水が生じ、アユの生育に影響あると判断しているが、判決はその後「その場合アユは忌避行動をして、支流に逃げるので影響は回避しうる」としている。どんな根拠で判断したのか。県の代理人がなにげなく質問したのに、そんなこと言った証人はいたが、その方は苔、藻類の専門家であるが、アユについては素人である.私達の申請したアユの専門家は否定した。そんな根拠のない判断が延々と続いた。なんとかしたい。

過去ログ 2010年04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2018年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 
2019年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2020年01月 02月 03月 04月 05月 06月