日記

■2019年02月14日(木)  津谷弁護士勝訴判決
2010年秋田の津谷弁護士が、自宅で事件関係者から殺害された。駆け付けた警察官が、きちんと保護すれば助かったとして警察を訴えて5年、ようやく秋田の高裁で警察の保護義務違反が認められた。津谷弁護士とは先物取引被害等で旧知の仲で、事件前前日まで会ってた。衝撃の事件で、裁判では私も代理人となり、山形でも審理された。亡くなった時、55歳、私も同年齢ではガンになったり、仕事でつらいこともあった。しかし、耐えて生きて、今も津谷弁護士を思うと生きていれば、つにらいことも楽しいこともあったのにと思う。奥様が判決後、警察が保護してくれればと思うと悲しみが深くなると。ただご冥福を。まだまだ生きて仕事していかないとと決意した。

■2019年01月24日(木)  新年に決意
新年ですが、昨年12月私的なことであるが、つらいことがあった。娘のこと、事務所の人間関係等。それでも謙虚に新年に向き合う気持ちを少しもてた。今年なにより参議院選挙で安倍内閣と改憲勢力に勝ちたい。3分の2を取らせない。昨日も市民連合の会合があった。野党統一候補が未定であるが、なんとしても統一をとなった。統一できれば、前回の舟山選挙のように勝てる。粘り強く闘いたい。新年のまず決意である。

■2018年11月30日(金)  市民と野党共闘
自民党が憲法審査会の開催を強行しようとしている。来年の参議院選挙に向けた市民と野党共闘の話しも進んでいる。32の1人区で本気の共闘が必要である。山形の前回選挙では市民と野党共闘で勝訴した。今後も市民連合やまがたとして動き始めている。一方で「山形方式」とかいう形での年内予定候補擁立ということも言われている。全部の野党と市民の共闘が大切と思う。そうでなければ勝てない。

■2018年10月12日(金)  毛利健治先生のお別れの会
1989年、1993年と2度県知事選挙に出られ、7月に96歳で亡くなった毛利健治先生のお別れの会が7日あった。先生の人柄が熱く語られ、100名余りの参加者は感動を新たにした。すばらしい先生であった。2度目の立候補のお願いに庄内の宿泊所に夜7時頃、山形から駆け付けた。小竹輝弥県議と2人で説得。静かに年賀状を書きつつ、了解された。厳しい選挙ではあったが、戦い抜いた。当時40歳過ぎの私も今は60歳台後半。毛利先生には到底及ばす、事務所での人間関係にも悩む日々。いますこし市井の人のため、なせることはしたいと気持ちをあらためる日であった。

■2018年09月28日(金)  小説司法試験
霧山昂氏の小説司法試験という著作が送付されてきた。作者は著名な実在する弁護士で、旧知の先輩である。受験記というより法律基本書という感じて内容が深く感銘した。朝日新聞の1面にも広告されていた。しかし内容以上に40年前のことを日々書いていることが驚きである。私も長い受験期をのりこえ、学生活動家としては比較的早く合格したこともあり、東京都内の各大学の活動家20名程の受験指導をした。東大前の喫茶店で毎週数時間も勉強会をした。多くが合格し、いまや私など及ばない高名な弁護士も多数いる。我が末娘もようやく今年弁護士となる。考え深い。

過去ログ 2010年04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2018年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 
2019年01月 02月